薬用ナノインパクト・新聞広告、インパクトのある薬用ナノインパクト新聞広告から読み取れること

さて、先日の新聞広告、なんと、薬用ナノインパクト 新聞広告一面記事。
%e3%83%8a%e3%83%8e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88%e6%96%b0%e8%81%9e%e5%ba%83%e5%91%8a600
このインパクトのある薬用ナノインパクト新聞広告一面記事から、読み取れること。
なんといっても、育毛は育毛剤の浸透力。
育毛剤は頭皮浸透力が要(かなめ)。
育毛剤をいくら頭皮に塗っても、頭皮奥深く浸透していかなければ意味がない。
いくら大量の育毛剤をつけても頭皮の表面から流れ落ちるだけでは能がない。
そこはホソカワミクロン。
このピカキチも知っている。過去YMという育毛剤メーカーであったし、ホソカワミクロンの名前も聞いている。
ホソカワミクロンは、育毛研究の老舗なんです。
創業100年の育毛の老舗、研究成果が生み出した薬用ナノインパクト。

薬用ナノインパクト その抜群の頭皮浸透力は・・
頭皮環境を整えるための技術。皮膚に浸透しやすいナノ粒子の中に、頭皮ケアに欠かせない成分を封入し、地肌の奥まで送り届け、頭皮の潤いを保つことが出来きるからです。そのナノ粒子がこの度60兆個→100兆個へ進化しました。

<100兆個に進化した育毛剤ナノインパクト100>
育毛剤「ナノインパクト100」は、パウダーテクノロジー(粉体の超微細科学技術)の世界で先端技術を拓いてきたホソカワミクロングループが ナノテクを利用した育毛剤です。
https://www.nanoimpact.jp/
ホソカワミクロンは岐阜薬科大学とともに、経済産業省の国家プロジェクトである「医薬用のナノ技術開発」に取り組んできました。
このナノ技術をもっと人のために役立てたいという思いから、ナノ粒子化技術と薬物伝達(ドラッグデリバリーシステム=DDS)技術を育毛剤に 応用し誕生したのが、届け方に着目した浸透型発毛促進剤「薬用ナノインパクトシリーズ」です。
https://www.nanoimpact.jp/cp01/technology.html
何故、ナノテクが育毛剤と関係あるのでしょう。それは、頭皮環境を整えるための技術。皮膚に浸透しやすいナノ粒子の中に、頭皮ケアに欠かせな い成分を封入し、地肌の奥まで送り届け、頭皮の潤いを保つことが出来きるからです。そのナノ粒子がこの度60兆個→100兆個へ進化しました。
https://www.nanoimpact.jp/cp01/osmosis.html

すべての成分は毛根にまで届いているのか?
それまで発売されていた育毛剤の多くが液体系でした。
液体のみの育毛剤は、本当に届けたい毛根で薬剤の機能を発揮できるのか。
調べてみると、毛穴入り口の皮脂や汚れに阻まれて、
成分が100%届いているとは限らないという結果でした。
ナノ技術なら新発想の育毛剤を開発できるのでは…。
育毛で大切なのは、有効成分を毛根にダイレクトに、
しかも継続的に与えられること。創業以来100年にわたって
ナノ技術にチャレンジしてきたホソカワミクロンは、
毛根に各種成分を届けるためのナノテクノロジーを
さらに進化させることに取り組みました。
100年の技で完成、100兆個の「PLGAナノ粒子」。
皮脂の詰まった毛穴のわずかな隙間からでも入り込み
毛根に各種成分を12時間以上送り続けるために、
ホソカワミクロンはPLGAナノ粒子そのものの性能をアップさせ
100兆個まで配合することに成功しました。
100年目の答え、それが100兆力のナノインパクト100です。
引用:https://www.nanoimpact.jp/cp01/technology.html

なんと、貴方が高額な金額をはたいて購入した育毛剤が、頭皮に付けても毛根まで届いていなかった。
こんなこと、納得できないですよね。
ところが、ナノテクノロジーの薬用ナノインパクトなら、毛根に育毛に必要な栄養が届いて育毛効果が出るのです。
 

 

「薬用ナノインパクトが効かない」という口コミ・評価、噂は本当なのか?検証する‼